スクリーンショット 2022-05-02 18.40.41.png

​「企業説明動画」
「採用動画」
「商品動画説明」

様々な動画の制作をご提案致します

ビデオカメラ

なぜ企業に「採用動画制作」が選ばれるのか?

動画には、会社紹介・サービス紹介・広告・インナー向けなど様々な活用方法があります。

Bottles

今なら撮影費が最大30%OFF

 
まずは下記からご連絡ください
AdobeStock_235390655.jpeg

動画の制作費用相場はいくら?

動画広告の制作費は目的・用途によって大きく異なる

動画広告の制作費は一律ではなく、

目的や用途は商品・サービス紹介や採用動画などで異なるため、

制作する内容で価格が変動します。

動画を制作する工程は企画・制作・編集の3つに分かれており、

それぞれ必要な費用が変わるため一律の制作費で費用を請求できません。

制作費用は動画広告の内容次第になるため、

企画から編集までの工程ごとに費用を計算する必要があります。

動画広告の制作費用を決める要素

動画広告の制作費用を決める要素は以下の4つです。

・制作に関わる人数
・制作にかかる時間
・機材・キャスティングの有無

・シナリオの作成

動画制作は質にこだわるほど費用がかかる仕組みです。

出演者・制作スタッフ・スタジオ・機材・編集など制作費用や制作期間の長さで費用が増えます。

ただし、必ずしも動画の質と費用が比例するわけではないので、

動画広告の目的と用途を明確にする必要があります。

そのため自社と制作会社の動画のイメージの共有と、制作時の見積もりが重要です。

AdobeStock_260279595.jpeg

一般的な
動画の制作費用相場

一般的な動画制作費のご紹介

会社紹介動画

会社紹介動画は10〜200万円で制作可能です。

社員のインタビューや社内風景などが中心の動画になるほど費用が安く、

コンセプトを紹介するイメージ中心の内容になると高額な費用になります。

プロの演者や必要機材によっては200万円近くの高額な費用になります。

採用動画

採用動画は50〜200万円の予算が必要です。

社員が勤務する様子を中心の動画は費用を抑えやすく、

企業のイメージを宣伝する部分が多くなるほど費用が増えます。

採用は社員のインタビューなど、実際に働く人からの意見が求められるので、

プロの演者よりも社員を出演させることをおすすめします。

ブランディング動画

ブランディング動画は100〜300万円で制作ができ、

200万円前後で制作を依頼する企業が多いです。

イメージ中心の映像になる場合が多いので、

キャスティング・撮影場所・撮影機材などの費用がかかります。

ブランディング動画は制作が難しく、商品やサービスの印象を左右してしまうため、

自社での制作は避けたほうがよいでしょう。

商品・サービス紹介動画

商品・サービス紹介動画は10〜100万円で制作可能です。

広告画像のスライドショーなどの動画は費用を抑えやすく、

プロの演者使わずに紹介動画を作成できます。

平均相場は30~100万円前後です。

プロの役者の出演や他の商品とのコラボ動画などは高額になりやすく、

200万円以上かけてブランディング動画に寄せた内容にすることも可能です。

Web広告用動画

Web広告用動画は10~200万円で作成できます。

料金相場は20~50万円で動画が作成されることが多いです。

ただしフリー素材や画像広告のスライドショーなどで、

短い動画を作成した場合は10万円前後で動画を作成できるます。